HOME > トピックス一覧

会社情報

2010年

02月  |   04月  |   06月  |   08月  |  

08月

<会社情報> 8月1日付 組織異動および人事異動を実施いたしました
2010年08月01日
定期組織変更および人事異動が8月1日付けで発令されました。
今回の組織変更・人事異動は必要最小限にとどめ、各部「あるべき姿」に向けた対応が図られました。主な内容は以下の通りです。
【組織変更】
①経営管理部
 人財開発室新設(総務室分離:ミッション担当明確化)
②第1生産技術部
 第1機械技術室第1・2グループ統合
 工程整備課、第1機械技術室へ吸収
 (コスト競争力向上,海外生準強化)
③技術開発部
 部付新設(ベンチマーク活動強化)

【人事異動】
各部の重点施策の遂行(下記項目)などに対応すべく11名の人事異動が実施されました。
 ①TTAC社拡大戦略に対応する配置転換
 ②豊川技術員室の体制強化

ページの先頭へ

06月

<会社情報> 第89回 定時株主総会実施しました
2010年06月18日
6月18日、第89回定時株主総会が、本社テクニカルセンターにおいて、トヨタ自動車殿をはじめ多数の株主様が出席し開催されました。
総会では国枝社長が議長に立ち、報告事項に続き、決議事項が上程され、いずれも原案どおり承認可決されました。
主な内容は次のとおりです。
【報告事項】
当事業年度の売上高は368億円、前期比23億円(▲6%)の減収、2期連続の赤字予想でした。その様な中、20億円もの高い改善目標を掲げ全社総力を上げ「収益確保アクションプラン」を推進して参りました。
結果は、目標を大幅に過達し23.5億円の実績を上げ、営業利益4.3億円、経常利益4.9億円、当期純利益は5.5億円となりました。
 今日我々は「自動車産業革命」の時代を迎えています。市場構造や自動車を構成している部品は劇的変化が予想され、今後、中国や韓国部品メーカーとの熾烈なコスト競争を余儀なくされております。
「第3次中期経営計画」は、この競争に打ち勝つ目的で策定いたしました。中国事業の拡大や大型フォーマーの新設に加え、より筋肉質で強靭な企業体質も構築せねばなりません。
皆様の絶大なるご支援をお願い致します。
【主な決議事項】
1,剰余金の処分の件/期末配当金として34円/株で決議されました
2,取締役1名選任の件/取締役1名を増員。横山雅人氏が選任されました。
3,監査役2名選任の件/津田鎮輔氏が再選され,白根武史氏に代わり、宮内一公氏が選任されました。
 なお,株主総会後の取締役会および監査役会において,新経営陣が別表のように決議されました。

【新経営陣】
         役職       氏名
       取締役社長     国枝 健次
       取締役副社長    岩附 光司
         取締役副社長    柘植 幸
       常務取締役      小笠原 節
  新任 常務取締役     横山 雅人
      常務取締役     井筒 久記
      取締役       横山 和行
      取締役       西川 昌典
      取締役       黒木 貴
      取締役       加藤 博見
      常勤監査役     津田 鎭輔
  新任 監査役       宮内 一公
      監査役       鹿村 秋男     

ページの先頭へ

04月

<会社情報> 2010年度 入社式を行いました
2010年04月08日
4月8日、テクニカルセンターにて、2010年度の入社式を行いました。
入社式には役員および労働組合代表が列席し、事務技術職9名、技能系22名、合計31名の新入社員を歓迎しました

ページの先頭へ

02月

<会社情報> 2月1日付 組織変更および人事異動を実施しました
2010年02月01日
2月1日付で組織変更および人事異動を実施しました。
今回の目的は昨年各工場に設置した「改善支援室」を「原価改善推進室」と名称を改め、旧原価管理室と統合しました。これは現場主体の改善活動を定着化させることが目的です。
また工機の更なる機能強化を図るため、役員の担当変更も断行しました。
合わせて30名の昇格と71名の人事異動を実施し、まだ当面続く厳しい経営環境と各重点課題に対応いたします。
【組織変更】
<第1生産技術部>*生技開発グループの新設…コスト競争力・開発能力強化
<第2生産技術部>*シフトレバー生技室の新設 …シフトレバー関係生準対応の一貫体制
<技術開発部>   *シフトレバー技術室を量産・先行開発グループ区分…先行開発強化
<品質保証部>  *3室→2室の統合…管理スパンを見直し
              *電子部品グループの新設…電子部品 品質保証体制強化
<工機部>    *管理課の新設…品質保証体制を管理課に集約
<各工場>    *原価改善推進室の新設…改善支援体制定着化(原価管理室へ統合)
            *(刈谷)3課→2課の統合…管理範囲拡大
            *部付の新設…現場教育体制の充実
            *(豊川)26課1作業係:3組→4組の変更…適正配置
            *(富山)生産課第2作業係の新設…適正配置

ページの先頭へ