2018/4/26

技術力
技術力

技術開発

技術開発

開発・提案型企業ならではの、ハイクオリティな技術力

開発・提案型企業として、創業以来培った技術や経験を活かし、「研究開発」、「製品開発」、「工法開発」の3つの技術開発を行っています。

「研究開発」では、ニーズを先取りした開発で、まったく新しい角度から製品を具現化します。「製品開発」では、機能向上はもちろん、製品により高い付加価値を与えることを目的としています。
さらに「工法開発」では、製造効率の向上を目指して製造ラインの構築を行っています。これらの充実した開発体制によって、お客様の潜在的なニーズを掘り起こし、満足いただける製品をいち早く提供することができます。こうした実績が評価され、2000年に大手自動車メーカーより「技術開発賞」を受賞しました。

また、自社内にテクニカルセンターと工機工場を有し、技術開発や独自の設備開発を牽引。金型製作を手がける体制が整っているため、柔軟性に富んだ製造が可能となり、お客様のご要望にスピーディーにお応えできます。

各部署の連携により実現する開発
各部署の連携により実現する開発
付加価値を意識した設計
付加価値を意識した設計
最新設備による評価解析
最新設備による評価解析

電子部品開発

設備例:マグネットアナライザー
設備例:マグネットアナライザー

津田工業では、電子系操作部品の分野でも他社にはないアイデアで、新しい技術の提案を行っています。また、それらの技術を支える最新の設備を完備し、高品質な製品作りを実現しています。

ホームへ先頭へ前へ戻る